SDA王滝 春の100km まさかのリベンジの巻

f:id:keroringo:20170601091538j:image

◆2回目の王滝出場

セルフディスカバリーアドベンチャー王滝100に参加してきました。前回が2014年の春なので、3年ぶり2回目の挑戦です。

シクロクロス大好きなはずの私がシクロクロスを早々に切り上げ、王滝を目標にしてトレーニングを重ねてきました。

1回目の完走後、2度と出場しないと思っていたあのキツイキツイ王滝です。記憶というのは薄らいでいくものではありますが、すっかり忘れるまで数年かかりました。

◆トレーニング

私のモチベーションの維持能力は3ヶ月くらいが限度でピークも3ヶ月以後下降していく傾向にあります。

時間のない平日のトレーニングとして取り入れていたランニングも心肺能力の向上と維持に効いている実感がありました。日々の安静時心拍数を可視化することで効果がわかっていました。

自転車ばかりでは飽きてしまう。あれもしたいこれもしたい、土日もたまには惰眠を貪りたいという私にとっては、休日に自転車ばかりでは時間が足りないこともあり、土曜日は自転車、日曜日はランニングというトレーニングサイクルもモチベーション維持にうまく機能します。

前回の王滝出場前のトレーニングメニューは荒川の平地を高強度で100km走ることを繰り返すのみでしたが、今年のトレーニングはトレイルを楽しんだり、王滝を想定したガレた山を走ったりと、それらしいものです。

f:id:keroringo:20170601092034j:image

それらのトレーニングで負荷をかけてきても腰に一切の痛みもなく、疲労も翌日に引きずらないくらいでしたからコンディションは悪くはなかったかと思われます。

◆機材

機材面では買ったままの自転車についていたグリップが細く、手のひらが下がり気味でそれが負担になっていたことから、前回出場後すぐにグリップをエルゴンに換装しました。

泥の堆積でワイヤーの引きが重くなる廉価版スラムのフロントディレーラもシマノのXTに変更しました。タイヤはIRCのチューブドタイヤで、チューブレス化は見送っています。

機材に劇的な変化をつけず、セルフディスカバリーすること、自分の身体に問うことを強く意識した選択です。肥えきった身体で出場した前回のタイムが6時間55分。今回は6時間切りを目標とします。

◆ペコと走った代償

しかし4月下旬、愛犬とともに出場したドッグマラソン中型犬3kmの部で、初めの1km3分半という愛犬ペコの速すぎる引き回しに遭った後から身体の変調を感じてきます。

f:id:keroringo:20170601213302j:image

f:id:keroringo:20170601091651j:image

左足裏、中指と薬指の間が痛いのです。痛みをかばうと足首も痛みはじめ、歩くことも困難になってしまいました。

ランニングの後の持病として認識はしていました。多少の痛みは安静にすることで回復してはいたのでなんとなく治療をあきらめていたのですが、いざ検索してみるとモートン神経腫という矯正次第で治りそうな病気と判明します。

痛みに焦り、矯正用のインソールをすぐに買い、使いはじめると歪みきった身体への強い矯正で、太もも、股関節、肩周り、腰と全身が悲鳴をあげます。歪んでいる身体もベストではないにしろ歪むことで均衡を保っていると言われます。確かにくせのついた身体の矯正に痛みが伴うのは当然でした。

これが王滝本番2週間前のことです。インソールの矯正もいったんはあきらめ、ひたすら安静にするしかありませんでした。

◆いざ、王滝へ

レース前日。自転車に乗れる程度の痛みに落ち着き、王滝へ向かうことができました。車の屋根に自転車を載せ、レースのための道具と布団一式を車内に詰め込み、他者が入り込む隙間はありません。自分のための自分だけの愛車、ミーのカーとなりました。数日前に車内泊の練習をしていて狭い車で快適に過ごす技も身につけました。

f:id:keroringo:20170601211912j:image

f:id:keroringo:20170601091943j:image

◆オヤジたちの雑談

往路、同じく王滝へ向かう2台の車と合流し昼食のパーキングエリアでとりとめもない雑談。王滝の駐車場で自転車のメンテナンスをしながら雑談。夕飯の中華料理店で雑談。ことあるごとに「8時には床につくぞ!」と声高に叫ばなければ、この雑談は止まらず一睡もしないままスタートすることになりかねない楽しい前日でした。

f:id:keroringo:20170601092443j:image

◆レース当日

星も輝く真夜中にごそごそ起きだし、準備をします。スタートラインの位置を確保したら、みんなでカップラーメンをすすります。ほどよく冷たく、澄んだ王滝の空気がカップラーメンの湯気をたたせます。

そして朝の雑談はうんこの話題。参加者の数に対して少なすぎるスタート地点の仮設トイレ。スタート前に不安要素を排除するために、いかにしてトイレを済ませるか。

これから100kmをほぼノンストップで走らなくてはならない私たちにとって非常にシリアスな問題なわけです。夜に食べた台湾ラーメンの辛味が下腹部をヒリヒリさせています。

違和感のある腹をさすり、なぜ前日にそれを食ったかと自問するしかありませんでした。台湾ラーメンの唐辛子をよけていたというカネコ氏のセコさもここで発覚します。

さて、なんやかんやと若干のトレーニング不足はあるものの、王滝のスタートラインに立てました。そのよろこびはすぐに緊張に変わります。タイヤの空気圧がいつもより低く、スタートを待つ間も気になって仕方がありません。「空気圧ひくすぎるかなー」と気にする私に「だいじょぶしょ!」と言うカネコ氏の言葉は他人事でしかないのです。

リアルスタート前のパレード走行で前へ前へ出ていきます。

◆隔絶された世界

そして山に入りリアルスタート。まわりのハイペースに完全に飲みこまれていきます。心拍数は最大心拍数の94%を超えているにもかかわらず、次々と抜き去られてしまいます。一見すると、ただのおじさんでも速い人たちというのはたくさんいて、前目で展開する人たちのスピードに気持ちがへし折られていきます。

有力選手が自転車から降りて尻をつきうなだれていました。メカトラで絶望しているようにみえました。有力選手といえども、レース中のサポートがないのが王滝です。私たちはみな平等に、外界から断絶された非日常の世界に入り込んだのです。

ひとつめの大きな山を越え下りへ。スタート前の不安が現実になりました。後輪がパンクしてしまいます。スピードもラインどりにも無茶はなく、あっさりパンクしてしまいました。よれる後輪に後悔しかありませんでした。まったくもって「だいじょぶしょ!」ではなかったのです。

◆セッティングミスと失意

少しの停車でも数えきれない人たちが通過します。修理キットを準備する間にも何十番も順位を落としていきます。通過するその数にレースを投げ出したくなります。カネコ氏がヒャッヒャッヒャッと笑いながら私をみつけ、写真を撮って去っていきました。「だいじょぶしょ!」うるさいわ、あの野郎。

f:id:keroringo:20170601092128j:imagef:id:keroringo:20170601092140j:image

手動の小型ポンプで空気をいれます。ポンプの音がスコスコと虚しく鳴いています。投げ出したくなっても、この山の深くに入ってはすぐにリタイアすらもできないわけです。どうせ走るなら復帰に時間をかけてはいけません。

パンクしていない前輪にも少し空気をいれ、2度目のパンクを回避します。パンクしたチューブを無造作にバックパックに押し込んでリスタートまで約10分程度がかかったでしょうか。はぁ順位はいくつ落としたでしょう。あの人もあの人もあの人も通り過ぎていきました。

復帰して少し進むとカネコ氏がパンクで止まっています。そのまま通過します。それからゴール後までカネコ氏に会うことはありませんでした。パンクを笑うものはパンクに泣いたのです。

◆痛む腰

序盤のオーバーペースが祟ったのか、終始腰が痛み続け、ペダルを強く踏むことができません。路面の凹みにもサドルに乗ったまま行きたくなるくらいの消耗で、痛む腰に凹みの衝撃があり、腰はさらに痛んできます。

フルサスの自転車ならやり過ごせるのだろうかと思いながらただ独り進みます。

40分ごとに補給をうながすアラームを鳴らす腕につけたガーミンに従い甘いジェルを口に含みます。思考停止に近づいてもアラームがあれば補給を無駄にとることもありません。

◆高低図はメンタルを支える

高低図をハンドルに貼り付けたことで、いつ山が終わるか、いつ山が始まるのか、あといくつの山が待っているのかを把握しながら走れることができました。これが気持ちを楽にしてくれます。距離だけみて走った前回は終わりのない山の連続に「まだ終わらないのかよ」と、声を出した独り言、泣き言を連発していましたから。

f:id:keroringo:20170601092251j:image

とにかく、この高低図とガーミンの示す走行距離を見比べ、山ののぼりを淡々とこなし、下りはほとんど抜かれることなくエキサイティングに攻めました。

◆初めての体験

この日の王滝は暑く、前回よりも消耗しました。ボトル2本の給水ではまったく足りずチェックポイントの給水を待たずに、岩肌から吹き出す天然水をボトルにくみ取り、のどの渇きを癒します。

天然水を口にするのは人生初でした。東京の水道水にない味わいに抵抗がありました。都会に生きている実感とも言えます。

◆目標の下方修正

抜かれることはあっても抜くことは少なくだいぶ順位を下げました。もう300番手くらいでしょうか。6時間切りなんて夢のまた夢。秋の王滝120km出場権利を得る7時間切りに目標を下方修整していました。7時間切らぬは男の恥とそれくらいの気持ちです。

◆山を越えてもゴールは遠い

最後の山を越え、残り10数キロはひたすら下りです。手元のガーミンのタイムでは7時間まで余裕がありませんでした。安全マージンをとりつつも、かつてない狂人じみたスピードで下ります。それでもなかなかゴールはみえません。残り1キロの表示を通過したところで、ガーミンのタイムは7時間を過ぎ、絶望します。

ゴールゲートに着くと公式タイムは6時間59分を表示していました。ガーミンのスタートボタンをはやめに押していたのです。

◆またも絶望

完走したものも途中棄権したものも等しく、お金さえ払えば浴びることができる有料シャワーで泥を流します。

頭で石鹸を泡立てると身体に激痛が走ります。走っている間は気にもならなかったというのに、サドルで圧迫されていた黄門様がひどく腫れています。昨夜の台湾ラーメンの唐辛子が残る胃を思い、またしても絶望します。

はー、この身体で6時間59分ですか。前回出場が6時間55分でしたから、何も成長がなかったのでしょうか。

しかし走行データを比較すると、区間の新記録を連発していました。パンク修理の10分は実は1時間だったのかもしれません。絶望に囚われた私の気持ちが走行データにスッと救われ、達成感を得た瞬間でした。

王滝のゴール後の達成感は唯一無二、他のものと代え難いものです(と今回は無難に〆ておきます)。

長野の山々を背にし、帰りに立ち寄ったコンビニ前にて旅の仲間と記念撮影。3回目の絶望はあるのか!

リザルト 6時間59分19秒。100kmの部168位(800人くらいの出場)

f:id:keroringo:20170601092411j:image

 

シクロクロス千葉 千葉ポートパーク

f:id:keroringo:20170110091912j:image

Photo by よっしーの奥様

第1回のシクロクロス千葉は、スタートしてすぐバラける前にボトルネックがあるコースで、とても印象が悪く、レース後のブログ更新を数ヶ月しなかったある意味、思い出深いレース。

第2回は極端に1周が短く、史上最高にぐるぐるまわされたなーと。1発のぼってそののぼりを他で下る、完全に下り基調でペダルを踏むことより、とにかく滑らないようにラインどりを注意する異質なものだった。

そして今回。会場の写真をみたところ、とても広くひらけた公園で、今度こそ千葉はやってくれるのではないか!と大きな期待をもってエントリー。

いざ蓋をあけてみれば、なんだまたスタートしてすぐ細い林道につっこむボトルネックかい。1周の距離も短い。写真でみた広大な敷地はほとんど使わず、後方スタートでは自転車が完全停止するボトルネックつきのコースというだけで、自分のモチベーションメーターはただ下がりしてしまった。

試走するにもゼッケンつけなきゃいけないとか。試走用のジャージとレース用のジャージ違うしなー。そこ徹底したいならヘルメットに番号シールとかにできないかね。コース外では自転車から降りろとか。事情はあるのは何事にもおいてあるわけでそりゃそうだけど、そもそも歓迎されてないんじゃないかと。悶々とする。

年末年始にひいた風邪も治りきらず、体調も悪くモチベーションもこんなでは、走ったところでクソみたいな結果しかない。

モチベーションと体調を除いた話で自分の課題としてあげておきたいのは、森の区間の根っこをイヤがり踏めていないこと。

根っこの多い区間は踏めない・踏みにくいわけだけど、そこをどれだけ踏むか、踏めるラインをみつけるかがスピードアップするための課題のひとつかと思われる。

試走も2周しかできなくて、コースが頭に入っていなく根っこのないラインがみつけられていなかった。踏んでいない証拠に、いつもはあるレース直後の脚の疲れがほとんどなかった。

気分は灰色。写真のごとく。 念のため記すと、このコースがとても楽しかったという声はたくさんあるようでございます。そう、ブログの文章は、とあるひとつの感想でしかない。

期待してたんだけどなー。期待の後のガッカリだからね。次のシクロクロス千葉はエントリーしません。

 

昇格の枠は1つになり、2016年はここまで3戦のみ

ブログは自由。だから好き。

今シーズンからのルール改定で、カテゴリ2からカテゴリ1への昇格者は1名になった。

カテゴリ3も4も1レースにつき2名昇格してくるのに、カテゴリ2から1へは優勝しなきゃ昇格できない。なぜ、カテゴリ2だけ1名なのか。AJOCCよ、これでカテゴリ1を神聖化できたのかい? 日本のシクロクロス界は盛り上がったのかい?

シーズン終盤には、強い人がいなくなって、やや層も薄くなり昇格がチラチラみえたりした去年までとは明らかに状況が違うね。うっかり昇格してしまうかもと勘違いさせてくれたことが、エントリーを後押ししていたけどとりあえず、少なくとも自分にはそのニンジンが見えなくなった。

千葉、群馬とエントリー済みだけど、出てもここまでかなぁ。今季全5戦となると、毎シーズン10レース近くこなしていたこれまでとは熱量がまったく違う。端的に言えば、つまらなくなってしまった。AJOCCの決定はズバリ残念なものだ。

来季に向けてがんばるかー? ブログは自由。だから好き。

空気圧ゲージ、デジタルかアナログか

デジタル1択という結論でいいかと。初めて使ったパナソニックのデジタル空気圧ゲージの使い勝手が良かったので驚いております。

アナログでフロント1.65BAR、リア1.70BARと調整できますか。デジタルなら可能です。

空気圧のセッティングを詰めていくにもゲージそのものの曖昧さがないだけで確信を持ってすすめられ、精神衛生上とてもいいです。

一度このデジタゲージルを使うと、アナログゲージでの空気圧調整は、やったつもり程度に思えてきます。

f:id:keroringo:20161204200038j:image

野辺山シクロクロスday1

f:id:keroringo:20161129090653j:image

Photo by Harumi Yoshiwara

f:id:keroringo:20161129090815j:image

Photo by Takeru Sasaki

最後尾スタートに絶望しかなかった今年の野辺山シクロクロスでしたが、67人出場で42位だったようです。

f:id:keroringo:20161128104247j:image

Photo by Hikaru Baba

f:id:keroringo:20161128213506j:image

Photo by Harumi Yoshiwara

f:id:keroringo:20161129090318j:image

Photo by Harumi Yoshiwara

f:id:keroringo:20161129090433j:image

Photo by Harumi Yoshiwara 

上位66%以内ゴール3回目なので、このリザルトをもってカテゴリ2残留が決定しました。

f:id:keroringo:20161128090347j:image

f:id:keroringo:20161128085617j:image

f:id:keroringo:20161128085228j:image

f:id:keroringo:20161128090047j:image

f:id:keroringo:20161128084835j:image

f:id:keroringo:20161128084623j:image

f:id:keroringo:20161128085834j:image

f:id:keroringo:20161128092058j:image

残りの今シーズンは、得意なコース(そんなのあるのかい?)のレースに的を絞って数レース出場予定ですが、昇格(優勝)できるほど脚がなく万年C2継続濃厚で、すでに家系ラーメンを食べることにも躊躇なく、ゆるやかに肥えていくのは確実でしょう。

それにしてもスタートの列ではさほど寒くなく、レース中とレース後に震えるほどに寒いというのは、初めての体験でした。はねた泥が体温を奪うのでしょうか。舗装路の長い登坂でも向かい風が冷たくて冷たくてペダルを踏み込むことに集中できませんでした。

レース後はカラダから湯気がたち、裸になっても寒くないのがシクロクロスの通例ですから、野辺山おそるべしと認めざるをえないところです。

ここで少しいいわけめいたことを記しておきます。1週間前の小貝川の練習で親指を突き指してしまいました。

マッドコンディションに砂用のタイヤをつけ、ツルツルと滑りつつも調子をこいていたなかで不意に転倒したので、強く打ちつけ転倒直後は血の気がひく痛みを感じました。

「親指というのはなかなか突き指しない頑丈な指で、突き指したときはだいたい重症」と、もののインターネットには記述があります。

そしてレースに挑める程度には治るのだろうかと不安入り混じる状態で野辺山までの1週間を過ごしたのですが、やっぱり完治してないわけです。もののインターネットの言うとおり重症なわけですね。

リッチースイスクロスにはシマノのブラケットがつき、これまで乗っていたスペアバイクのグエルチョッティにはカンパニョーロのブラケットがついていたので、痛む手で握り比べてみました。

すると健康体では気がつかないほどカンパニョーロのブラケットは自然な握りで痛むスジにも無理がかからないのか、ほとんど痛くありません。カンパニョーロのブラケットはいいなぁとしみじみ思わされました。

f:id:keroringo:20161128083527j:image

Photo by Saya Sakamoto

それでもリッチーに乗るんです。前回の幕張のレースで築いた信頼関係を強固なものにするため、戦友にリッチーを選びます。この紅いリッチーとIRCシラクマッドの組み合わせでマッドコンディションの野辺山でも不足ない走りを感じさせてくれました。

f:id:keroringo:20161128085132j:image

ポジションもなじみ、しっかりと整備されたリッチーは、自転車の存在が消えていく人馬一体を感じるとても自然な自転車です。

なお、今年は前日入りしday1のみで帰宅しました。day2もエントリーはしていましたが、気力と体力ともに2回は無理でしたね。ではまた来年の野辺山で。

Ritchey SwissCrossでStarlight Crossに出場するその心は? ペコからのお願いも必読

Photo by Yuichi Nakamura

Photo by momiko

自転車を腕で持ち上げる&担ぐことがあるシクロクロスのレースにおいて「機材の軽さは正義でしかない。機材の重さは悪である」と言ってはばからなかった私が、お遊び用と割り切って買ったはずの、どちらかというと重い自転車であるリッチー・スイスクロス(Ritchey SwissCross)でレースに出場するとは、どんな心境の変化があったのでしょう。

リッチーはとにかく見た目がかっこいいんですよね。前時代的ではある細身のクロモリフレームの自転車で、最新鋭のカーボンフレームにまたがる猛者たちに挑むとしたらスタイルとしてのかっこよさも生まれます。

部屋にかかったリッチーを眺めていると、レースでも乗りこなす妄想がじわじわと膨らんできます。正装である青いチームジャージをまとい、赤いリッチーに乗る自分を感じたいと。

その妄想を現実にするにはまず、お遊び用のリッチーを戦闘機に仕立てる必要があります。“後ろ乗り”気味に感じていたポジションを矯正するため、セットバックのシートポストをストレートに変更します。これにより2センチ前へ。

もちろん軽さは正義ですから、シートポストにも軽さを求め、軽量化を極めたトムソンのマスターピースを選びました。ステムはトムソンと同じような切削加工がされているモートップの選択で全体の雰囲気を整えます。ハンドルバーは使い慣れ手になじんだDEDAをそのまま使います。

ホイールはシマノアルテグラ、タイヤはIRCのチューブレスと足まわりはこれまでと変わりありません。

レースのない日曜日の小貝川の常設コースにこのリッチーを持ち込み、TeamTAMAGAWAの金子さんと走ってみることでレース機材としての相性を確かめます。

自分より巧いレーサーに遅れず走ることが、機材への信頼をアップさせます。さらに別の日にもまた小貝川に出向き、複数人で走ってレース機材として不足がないか、じっくりと時間をかけて見極めます。

Photo by Keiji Kaneko

やはり重さを考えると、担ぎの多いコースでは不利を感じそうでしたが、乗りやすさの面では納得できるとところまで詰め切れました。

ブレーキケーブルの取り回しも詰めたポジションに合わせてイル・クオーレの杉山店長に調整していただき仕上げは完璧です。

Photo by momiko

そしてそのリッチーとともに幕張で開催されたStarlight Crossに出場しました。初レースで良いイメージを持ちたいので、グッドコンディションのコースにグッドコンディションの機材で、満を持しての登場です。

スタート位置は4列目でスタートの混沌から前に出られず、そのままの順位を維持してゴールまでというレース展開(21位/41人出場)になりましたが、ほらね、写真の通り、いいでしょリッチー。

レース中の表情も滅多にないほど生き生きとしています。いいと思って使うと道具もそれに応えてくれるもの。少しくらい重くても、かっこいいと思える機材に乗りましょう。それでいいのです。

Photo by Yuichi Nakamura

Photo by Kouji Okamoto

Photo by Mario(KYOTO)

それにしても今年のStarlight Crossはコースも良かったなぁ。杭を打っては微調整、杭を抜いては微調整、コース作成に時間をかけた絶妙なさじ加減を感じました。

ナイトレースといういつもと違う雰囲気、MCアリーによるスタートコール。名前をコールされ照れくさく手をあげると拍手や声援の波が押し寄せてきます。こんなにも心躍る非日常がありますか。

Photo by @THM_photo

最高のコースと最高の演出でこれまで出場してきたレースのなかで一番かな。リッチーとの良い思い出がひとつできました。

さて! ここからが本題です!

会場でペコをなでなでしてくれる皆様。ペコをあなたの愛犬と言うチャンスです。ペコが欲しいものはこちらになります。ポチポチするだけで商品がペコのもとまで届いてしまうAmazonのナイスな仕組み。

・ペコの欲しいものリスト https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/673M2640BJBB/ref=cm_sw_r_oth_ip_wl_o_By0hybJZ1XFVV

明日のペコをつくるのはあなた。元気にまた会えるように、ペコも真顔でお待ちしていますよ(¬_¬)

2016シーズン開幕は茨城シクロクロス小貝川

f:id:keroringo:20161011192029j:plain photo by カネコモフ

特記事項がなさすぎる。あるのは世界平和を祈る心だけ。それくらい特記事項がないのだ。

今年のシクロクロス初戦は42人出場者中26位の結果に終わった。レース2日前に会社の同僚とサイクリングに出て雨に降られ、雨の寒さを紛らわすために踏み倒してしまいその疲れが残っていて試走から脚が重かった。にしてもこの成績じゃ今シーズンもC2残留するだけか。

昇格ルールの改定でC1への昇格はC2での勝利者1名だけとなった今、C1への門戸は閉ざされてしまったと言ってもいい。去っていくものは減りC3からの昇格者はこれまで通りに増えC2は溜まり場と化していく。

シクロクロスの夜明け黎明期は過ぎ、オヤジレーサーのうっかり昇格の希望の灯火は消えつつある。

感動は自分の中にある。身を退く決断も自分の中にある。やめるか続けるか、迷わせるのもシクロクロス愛である。

そしてレースを終えて風邪っぴき。翌日の今日、寒気と喉の痛みがひどくボンヤリしたまま通院に向かおうとすると、マンション入口のガードレールに車をあててしまった。体調不良で運転するのは違法ではないけど良くはないね。いろいろと虚しくて悲しくて。まだまだ厄年。